仏法と心理学の融合

どんな悩み相談にも安定して中心を保つ非二元(悟り)視点のカウンセリング

自身の気づいていない奥深くへ

インテグレイテッド心理学と
探求を積み重ねた仏法論によって
自然に深い意識へと問いかけ誘導します 。

なぜ非二元の視点が良いのか?

非二元って何でしょう?
初めて聞いたという方もいるかもしれませんし

非二元を調べていてここにたどり着いた方もいるかもしれません。

非二元とは象徴的に言えば
お釈迦様の見つけた本質の在り方です。

調べれば様々なメッセンジャーが
説明を試みていますが
なかなか、教わって分かるものではなく
思い量ることの出来ない
「不可思議」とも仏法では表現されます。

非二元ベースのセラピスト養成で教えられるのは
分からないなりにでも深くセラピーをするための

相手を何かしら決めつけるのではなく
丁寧に出てきたものをそのまま扱っていく
自分の考えを入れない
ゼロ視点の透明なセラピストが理想ですよ

というものであったりします。

逆に言えば
「こうなっているのが良い状態」
「そうでないならば悪い状態」
という二極・二元をもって

「それはダメだ、こうしなさい」
というのは

ことセラピーの問いかけにおいては
深くから癒すことの妨げになるという事です。

非二元を探求されている方に
非二元さえ分かれば楽になれると
思っている方も多いのですが

楽になるのはセラピーの方が全然早いです。

そこにおいて、非二元をベースとしている方が
より深くスムーズに癒せるという事です。

本当にそうだろうか?

自分が何者であるか
そういうアイデンティティを

自分で好きな部分、自分で嫌いな部分
気づけている部分、気づいてない部分

様々に在ると思います。

しかし、それはいつも正しいでしょうか?

「私は太っている」という思いに駆られた女性が
骨と皮になるまでダイエットをする

というのは極端な例であるとしても

仏法でもこの世は
思いのままにならない苦しみの世界
耐え忍ぶ娑婆とも言います。

思えば思う分
勘違いの思い込みの可能性が増えます。

例えば恋愛において
思えば思うほど、
それが世界の全てになってしまって

あばたもえくぼというような状態になります。

あるいはすごいキャリアの頭の良いはずの議員が
秘書に対してひどい暴言を繰り返すニュースがあったり

警察官や教師なのに低俗な不祥事を起こしたり
車に子供を置いてギャンブルに行く母など。

「こうあるべき」という像の通りにはできず

押さえようと思って押さえられないから
そうなっているという現実があります。

あなたや周囲の人はどうですか?

私はそこまでひどくない。
だから大丈夫、ですか?

程度の差はあれ
思いのままにならない苦しみの中で
なんとか大きな問題にならないよう
気をつかって生きていても

それでもやっぱり、これだけは言われたら
カッとなってしまう言葉があったりもします。

二元の視点では多くのことが
動かしがたい事実からスタートして
裁いたり矯正したり押さえ込もうとしたりします。

ですがもし気づいていないアイデンティティが
気づいてもらうために起こしていたことだとしたら

一時は封じ込めに成功したとしても
今度こそ気づいてもらうために
もっと強く苦しみを起こすかもしれません。

気づいていないアイデンティティなどは
二元にとっては、意味など到底見いだせない
動かせないどうしようもないものです。

表面の思いにさえ同化して
その後ろなど見えないのです。

非二元の視点ではそのような
普段私たちが動かしがたい事実と思っていることも

本当にそうだろうか?と見ていけます。

なぜあなたの中でそれが
動かしがたい事実となっているのか?

それを見つめてその思いが解体されたら
何が起こるでしょうか?

不思議なほど自然に
反応が消えていくのです。

しかし文明社会に育った人間は絶対的に
思いに引きずられてしまうので
これはとても難しいもので

一流のセラピストでも
自分自身で見るのには限界があり

仕組みを知らない普通の人にとっては
なおさら思いもよらないことなのです。

身に付けている仏法との融合

私は学生の頃から長く仏法を
理屈もそうだけれども
生命の実感として得ようとしてきました。

苦しむ人を救いたいとも思ってきました。

しかし、限界も感じていました。

どんな人にでも
直接に苦しみを抜いてあげられる方法は無いのか?

やがて非二元を知り
そして出会ったのがセラピストの溝口あゆかさんでした。

これだ、とは思ったものの高水準のセラピーであり
そうそう簡単なものではありません。

しかし確かに、私が長年やってきたことが
とても活かされるものでもありました。

本筋もしっかりと吸収し応用もきかせられる。

やがてこれは私の中で融合し
より安定し安心できる中心となっており

セラピーにおいてプラスの効果となっています。