谷口 瑞輝

1976年 9月18日生まれ
兵庫県神戸市北区在住 O型

心の変わる時

ウィリアム・ジェイムズは
「心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる」

と有名な言葉を言った。

それは分かるけれども・・・

どんな素敵な言葉でも
人と人の解釈の応酬の中で
いがみ合ってしまえば苦しみを生む。

とある成果主義の組織の中で私は
意見を聞いてもらうことも
認めてもらうこともないままに

「何を弱気なことを言っているんだ
そんな事じゃ何も変えられないぞ」

と、軟禁状態の中、矛盾に満ちた成果を求められた。

世界は色を失っていく・・・

心は重く
行動不能になり
依存が起こり
イライラして
何をやっても上手くいかない

追い込んで奮起させて変えよう
ということかもしれなかったけれども

人間というものを信じて認めて
ありのままのその人を輝かせていくべきだ。
私はそう思っていた。

この対立が私を
より一層苦しめていた。

さて

人間の心というものは
信用に足るものなのかどうか?

人間の心というものは
どんな時に変わるのか?

ウィリアム・ジェイムズの言った
変わることの始まりである心を私たちは
どんな仕組みになっているのか
あまり分かっていない。

人と人の解釈の応酬というものは
なぜ起こるのか?

争う必要の無いようなことまで人は
何が何でも勝たなければならないように
振る舞う。

その答えを探し求めた私に答えをくれたものは
ゼロ視点のセラピーだった。

全ては投影でもあり
当に「人の解釈」とは何かを
見ることの出来る視点を持つことだった。

ゼロ視点の眼差しで優しくサポートされると
閉ざされていた世界に光がさして

本当は恐れる必要のない
愛おしい自分を受容していくことが出来るようだ。

心がふっと軽くなる。

この時ほど自然に心が変わることはない。

解き方が解らなくって
どこから手を付けていいか分からなかった
ルービックキューブのような心が

寄り添って教えてもらって
ぴったりと揃い

見られても恥ずかしくないものに
変わったようだ。

発見した自分を
愛おしく受容し
心が変わり
行動が変わり
習慣が変わり
人格が変わり
運命が変わり

誰もが自分らしく自然に
輝いていくことが出来るのだとしたら

それはどんなに素晴らしいことだろうか?

私はこの心の本質を使って
一人でも多くの人に

ナチュラルな輝く自分に
帰ってもらいたい。

そのサポートをさせていただきたいと

心に思うのであった。

セッション予約

コース・メニュー